フェニックス気功院は東京の新日本橋、神田、小伝馬町至近の女性気功師瑠璃が一人で運営する女性優先気功セラピー専門サロン。むくみや便秘体質改善にも取り組んでいます。

五臓六腑と陰陽五行

五臓六腑、全部言えますか?

実際は五臓五腑!?

  • 五臓とは「肝臓」「心臓」「脾臓」「肺臓」「腎臓」のこと

では腑とは一体何でしょう?

  • 六腑とは「胆嚢」「小腸」「胃」「大腸」「膀胱」です。
    そう、実は腑も五つなのです。
  • 十二指腸や膵臓が入ってない?
    これらはそれぞれ小腸そして脾臓に属します。よって五腑となるのです。
  • 腑のイメージを膨らませましょう。
    腑とは簡単に言うと袋のこと。胃袋と言うでしょう…。
  • この袋は上にも下にも穴がある!!
  • 胆嚢だけは穴は一つ。
    ですから、胆嚢は女子胞(卵巣や子宮)や脳などを分類する仲間にも入るちょっと特殊な腑です。

なぜに六腑と言うか…?

  • 六番目の腑は「三焦」と言います。
    この腑は気のバランスを見る、とても大切なもの。でも形がありません。
    形はなくとも、あまりに大切なので腑として数えるのです。
  • バランスが大切なので、臓も六臓となります。
    え~っ、もう臓器はないですよ~なんて頭を抱えないで。
    大丈夫、こういう手があるのです。
    心臓を中と外に分けちゃいます。そうすればもう一つ臓が増えますね。
    外を「心包」と言います。
    ですから、五臓五腑ではなく六臓六腑と言う方が本来の姿かもしれません。

経絡は12本&2本

経絡ってなに???

  • 経絡は体の中を走る線路のようなもの!
    出発点は六臓六腑。 だから経絡の数は12本。
    そして体の前と後ろにも1本ずつ。 合計14本です。
  • 線路の途中には駅があります。それが経穴。
    経穴の意味は「つぼ」。これは胃のつぼ、そこは腎のつぼ…なんて言い方をしますが、つぼは全てそれぞれの経絡上にあるのです。
  • 当然、駅でトラブルが起きればその線路上では遅れなどの影響が出ます。
    線路上でトラブルが起きても各駅に影響が出ます。
    出発点でトラブったら大変ですね。
  • 体の中の不調もこれと同じ。
    どこでトラブルが起きているのかは、経絡が教えてくれるのです。
    つまり、症状は全てこの経絡上に出るのです。
    「むくむんです」「腎が疲れてるのね」
    「肌荒れがひどくて」「便秘だからなのよ」
    なんて会話が成り立つのはそういうわけでした。

陰陽五行とは何のことでしょう??

陰陽五行は東洋医学の礎

  • 陰陽は陰陽説、五行は五行説という東洋医学の礎となる思想であり、両方を合体して陰陽五行説と言います。
  • 陰陽は陰陽師さんでおなじみですか?
    でも陰陽師さんてよくわからない…と言う方のために「瑠璃's memo」 でお話してみましょう。

瑠璃's memo
皆さんは、陰陽師さんが本当にいたってこと、ご存知でした?
陰陽師さんは、陰と陽の使い手(読み手)で、朝廷の命を受け、あるお仕事をするお役人だったのです。
そのお仕事というのは、なんと暦を作ること。

この現代に生きる私たちは、暦なんて当たり前にあるものと思ってしまいがちですが、その昔はそんなものはありませんでした。それどころか、時計さえなかったのですから。

農耕民族国家にとって何が大事かと言えば種まきの時期、台風の来る時期、収穫の時期… そして冬の訪れ…etc.

月の満ち欠け、星の位置、雲の流れ、風の気配、潮の干満……を見て、感じて陰陽師は暦を作成していくのです。そのためには昼夜、神出鬼没。
しかも、このお仕事、朝廷にとって最も大切なものだったので、誰がどんな風にして作っているか内緒だったのです。

得体のしれない人が日夜出没したら、皆さんだって何やら勘ぐってしまいません?
昔の人たちもそうだったのでしょう。

あの人はいったいどういう人なんだろう。なんだか凄そう。
夜中には悪霊退治をしてるみたいだよ。
なんて噂がまことしやかに広まっていったようです。

実際には、悪霊や魑魅魍魎たちの跋扈する遠い昔のことですから、本当にそんなこともあったかもしれない…。

暦を作るには、陰と陽だけでなく、五行も読み解きながらでないと作ることはできませんでした。
方角や季節の変化は五行で見ていくのです。
それが二十四節季や七十二候となるのですが、それらももう忘れ去られようとしていますね。

暦も時計も、当たり前に手に入る私たち。
でも、もしかしたら昔の人たちほど季節や時を大事にしてないかも…。

まずは陰陽のイメージ作りから…

  • 裏と表。暗と明。夜と朝。月と日(太陽)といったところでしょうか…。
  • 陰なんて嫌い!! と言う人いませんか?
    暗い、恐い、イメージが悪い…なんて思っている方も多いようです。
    でも、究極の陰って「お母さん」なんですよ。陽は「お父さん」
    なんだか懐かしくて、どこまでも自分を守ってくれる、そんな存在のお母さん。
    陰も陽も、差なんてないのです。 どちらもとても大切なもの。

臓と腑は陰と陽の関係になります。

  • 臓が陰。腑が陽です。
    えっ、臓が陽じゃないのという驚きの声が聞こえてきそうです。
    陰と陽に差なんてない…と先ほど書きました。
    でも、本当に大切なものは陰なんです。
    臓が本当に病んだら、即、命にかかわります。腑は結構、余裕があるものなのです。
    大事なものは陰、と覚えてもいいかもしれない。
    だって女性だって陰でしょ!!

瑠璃's memo
三陰交はご存知ですか
女性のツボ…と言われる三陰交。実は大切な3つの臓器の経絡が交わるところなのです。
内くるぶしの少し上にありますが、ここは肝臓、腎臓そして脾臓の経絡の交わるところ。
臓は陰。3つの陰の経絡が交わる。よって、三陰交となります。
女性のツボと言われるゆえんは、このツボが冷えやむくみ、女子胞(卵巣、子宮)のトラブルを解消するのにとても有効なツボだから。
女性気功師瑠璃の施術では、まずはこの三陰交の通りを良くすることから始まります。

  • 五臓五腑を陰陽に分けると…
    「肝臓に胆のう」「心臓に小腸」「脾臓に胃」「肺に大腸」「腎臓に膀胱」という分類になります。
    納得! と言う方と、えっ~と思った方と、様々なことでしょう。
  • 特に「肺に大腸」は、気の通りが良くなった時の反応は、顕著に裏表なんだな~と納得させられてしまいます。
    だって、腸が動き出すと同時に皆さんの呼吸、グッと楽になるんですもの!?
    ゆったりとした呼吸を自然にしている皆さんを見るのはとても楽しいものです。

いよいよ五行です。

五行はなんでも五つに分けちゃいます。

  • 万物をなんでも五つに分類していくのが五行。
    五行を自然界に分けると「木・火・土・金・水」となります。読み方は「もく・か・ど・こん(ごん)・すい」です。
    方角では「木は東」「火は南」「金は西」「水は北」そして「土は中央」です。
    季節も分けることができます。「木は春」「火は夏」「金は秋」「水は冬」「土は土用」です。
    色も分けましょう。「木は青」「火は赤」「金は白」「水は黒」「土は黄色」となります。意外でした?

瑠璃's memo
木は青:青春という言葉はここから来ています。
火は赤:朱夏という素敵な言葉が昔はありました。
金は白:北原白秋さんの名はここから。
水は黒:冬を表す語に玄冬という言葉もあったそうです。(玄は黒の意です)

  • 風水も五行から。
    先ほどの「瑠璃's memo 」は色と季節が結びついたものですが、色と方角が結びつくと風水です。
    東に青龍、西に白虎、南に朱雀、北に玄武です。
  • 体を五行に分類すると五臓五腑ですね。
    木は肝臓と胆のう、火は心臓と小腸、土は脾臓と胃、金は肺と大腸、水は腎臓と膀胱です。
    臓器はそれぞれがばらばらに存在するのではなく、互いに影響し合っています。陰陽の関係だけでなく、五行の関係でも…。
    常に影響しあい、助け合い、時には足を引っ張り合って日々を過ごしています。
    私はここが弱いの…と思っても、その原因は思いがけないところから来たり、はたまた思いがけないところからの助けで元気になったりもするのです。
    その関係を「相生」「相剋」と言います。

相生・相剋の関係を見ていきましょう。

  • 相生(そうしょう)とは、相手を助け、育む関係のこと。
  • 相剋(そうこく)とは相手をやっつけたり、足をひっぱたりする関係。
    具体的に「瑠璃's memo」 で見ていきましょう。

瑠璃's memo
猛暑日の続く暑い暑い夏を例に関係を見ていくと、わかりやすいかな…。

暑すぎる夏は「火」の状態を過剰にしてしまいます。強すぎる「火」は「土」を育むことができなくなってしまいます。何事も過ぎたるは及ばざるがごとし…。
そして、「金」に強い影響を及ぼしますから、呼吸が浅くなってしまいます。
また、暑すぎる夏ということは、冷房にあたる時間の大幅な増加ということにつながり、「水」の状態が落ちてしまいます。また、氷の入った飲み物も「水」の調子を落とします。
「水」に力がないと「木」を手助けすることができません。 解毒もうまくいかないし、いいエネルギー転換もできなくなってしまいます。

これらの影響は、暑い間はあまり感じませんが、ちょっとでも涼しくなると、すぐに現れてきます。

つまり、体調の悪さは季節の変わり目(土用)に強く表れるのです。

でも、残念ながら皆さんは、体調の悪さは季節的なものだ…などとは全く思わず、私はきっとどこか悪いに違いない、検査してもらわなくちゃ…、薬でなんとかなるんじゃないか…、早くなんとかしなくちゃ…などと思ってしまうようです。
あがけばあがくほど深みにはまるとも知らずに…。

こうやって見てくると、一か所だけの問題ではなく、また、自分の弱いところの原因も、元気になるための力をくれるところも決して一か所ではないことが少しは見えてきたのではないでしょうか…。

体は「〇〇科」だけの問題ではなく、全ての臓器がお互いに助け合い、影響し合っていることをご理解いただけたら良いのですが…。

一つだけ言えることは、暑いからといってガンガン冷房にかかった、夜寝る時も冷房をつけて寝た…なんていう人ほど季節の変わり目には苦しむということ。
汗をかけるだけかいた人の方が、ずっと楽に季節の変化にはついていきやすいのです。
夏の過ごし方、少し変えてみません!?

陰陽五行からむくみ&便秘を見ていきましょう。

むくみは腎臓、便秘は大腸の元気度具合が大事です。

  • 陰陽からみると腎臓は膀胱と互いに影響し合っています。
    なかなかトイレに行かなくなってしまうと腎の調子は確実に落ちます。
    あの人しょっちゅうトイレに行って…なんて、人のこと笑ってる場合じゃありません。ひん尿も困るけど、行かないほうが、ことは重大です。
  • 陰陽からみれば、大腸は肺と裏表の関係になります。
    色が透けるように白い方が施術に見えると、あ~ッ、この人便秘だ~と思ってしまいます。
    なぜだかはもう皆さんわかりますね?
    世の中、美白美白と、かしましいけれど、本当の色白の美しい肌と言うものは、ただ白いだけでなく、つやがあって、輝いていて、しっとりしていて気持ちのいいピンク色の肌のこと。
    いろんなものを塗ったくって、お日様を毛嫌いして手に入るものでは決してないのです。
    とはいっても、腸の調子を整え、やさしい朝日を浴び、気持ち良く散歩のできる毎日を手に入れるなんて、夢の夢ですね~。

陰陽五行のこと、大分かってきました?

ではデトックスにも触れておきましょう。

  • デトックスは肝臓ががんばってやってくれます。
  • 肝臓ががんばって解毒してくれました。では、この要らないものはどうやって体の外に出すのでしょう?
    便で75%以上、尿で20%以上、汗で3%以上、後は髪の毛や爪から出て行くのだそうです。
    それはともかく、要らないものを出すには便と尿そして汗をかくことが大事。
    だから岩盤浴だの便秘薬だのが流行るんですね。
  • でも、人工的に汗をかいたり、お薬で便を出したりっていうのは、実際には自分の体の機能としてはさぼってません?
  • デトックスなんてわざわざ言葉にしなくても、毎日自然にお通じや尿や汗が出てれば問題ないんです。
  • 世の中にデトックスって言葉が浸透してるということは、いかに便や尿がたっぷり出ない、汗をかけない人がたくさんいるかってことに他ならないわけで、そっちの方が大きな問題ですね。
  • 便は毎日出るものなのです、それもたっぷりと。
    尿だってちゃんと出て当たり前。
    汗に至っては、「私、汗をかかない体質なんです…」なんて、寝ぼけたこと言ってる人がいっぱい。
    困った世の中です。
  • 便秘解消法の一番は食べ過ぎないこと。
    実は私たちの具合の悪さって、食べ過ぎから来るのがほとんど。
    これを聞いた時の皆さんから帰ってくる言葉は決まっています。「そんなに食べてはいないんですけど~」
  • 1週間、きっちり3食食べるのはやめて、朝ご飯はみそ汁や果物位にしてみません? お腹がすいて無理っと思ったら、早昼にしましょ!
    和菓子やケーキ、スナック菓子やおせんべ等のおやつやコーヒーもご法度です。食べたかったらみかん1個ぐらいにしてね。
    お肉やお魚ともサヨナラ。
    牛乳やヨーグルトなどの乳製品もあきらめて。
  • 1週間が無理なら3日間だけでも、こんなきれいなお食事に変えてみて。見違えるようにお肌の調子も良くなるし、便や尿の出もよくなってスッキリ感が高まります。
    後はなんとか時間を作ってお散歩しましょう。
    たった15分でいいですから、ちゃんと歩きましょう。
    家の中じゃだめですよ。外に出て歩く。これが大事。

  まっ、食事も散歩も、できる範囲でやってみましょうよ。決して無理はしないで。

  • デトックスは、自分の体の排せつ機能を高めること。これがポイントです!!

むくみも便秘も五臓六腑全体の問題

結局のところ、腎臓だけ、腸だけを元気にするのではなく…

  • 五臓六腑全てに元気がみなぎり、しっかりと歯車が合って、お互いに助け合ってくれるのが理想です。
  • 冷えると全てに不調が現れます。
    むくみや便秘は、体が冷えてますよ~というサインです。
  • 気が動かなくても不調になります。

瑠璃's memo
《黒い服は気が動かない!》
水(すい)の色は黒!!
水(みず)の色なのに黒?と思った方たくさんいらっしゃるでしょうね。
水(みず)と捉えず、北や冬、闇夜、冬眠…などと捉えてみてください。
でも、水(みず)と捉えても冷たいイメージがわきますね。

何もかもが静かに眠る深い夜。身動きできない寒い冬。黒はそういう時を象徴する色なのです。

「気」の動かない水の象徴である「黒」という色は身につけないのが無難です。
「元気」も「運気」も落ちてしまいますよ。
「気」は動いてこそのものなのですから。

  • 自分でもいろいろがんばってみる。
    それでもだめな時は、女性気功師瑠璃の気功施術で体の芯から温めてみませんか。
    そして五臓六腑にしっかりと動いてもらいましょう。

powered by Quick Homepage Maker 4.79
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional